teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/79 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

外山恒一 (37才。大衆蔑視のファシスト。年金未納。無職。まだ反抗期)

 投稿者:外山恒一(37才。無職)メール  投稿日:2008年 5月10日(土)22時02分24秒
  通報
  外山恒一に犯された女  全裸奴隷妻 日高明子 生き恥劇場 Ⅰ

http://urltea.com/2o2b

http://urltea.com/2o2c

http://urltea.com/2o2d

http://urltea.com/2o2e

http://www.wikis.jp/warewaredan/

http://urltea.com/2o2h

■残酷と非情の第1話■
「革命家」外山恒一 全裸慰安婦日高明子 狂乱と肉欲の堕胎の生き地獄の始まり!
2人の愛しい子供を絞め殺した日!

「こんな結末は、いやっ――! 絶対にいやああっつっっ――!」
全裸奴隷妻 日高明子の悲鳴と絶叫が哀しく響く!

冷徹の堕胎手術室を真紅の流血に染めぬいて……。


■■ 外山恒一と日高明子が、2人の度重なる淫虐なセックスの結果――日高明子の下腹部に作り出した一人の無名の子供の短い人生の残酷で哀しい結末―― ■■

1 暗闇の部屋。横たわる全裸の日高明子――。
  開き切った明子さんの性器暗い陰裂。
  そこを何度も貫く濡れた黒い男根。闇の中、間断無く、続く、情けないうめき声とあえぎ声。
  やがて、明子さんの子宮の奥深くに注ぎ込まれる白濁した熱い液体……。

2 いつしか気付く体調の変化……。徐々に膨らんでゆく下腹部。
  悪い胸騒ぎが起こる。積み重なってゆく使用済み生理用品の異常な山。

3 ひんやりした空気の産婦人科医院の湿った待合室。やがて、呼ばれる日高明子さんの名。

4 すべての服を脱ぎ捨て、全裸で、手術台にうつ伏せに横たわる日高明子さん。
  好奇の視線に満ちた男性執刀医に突き出す臀部。初々しく開く肛門。
  その肛門の襞にまで、看護婦の指先で、丹念に塗り込まれるコールド・クリーム。
  死ぬほどの羞恥にのた打ち、血が噴きそうなほどに赤面する日高明子さん。

  続いて"女の最大の恥部"――肛門に突き立てられる大型浣腸器の嘴口。
  容赦なく、注ぎ込まれる1リットルの青白い浣腸液。
  その後に捻じり込まれる赤い肛門栓。また激しくうめく。

5 「ああぁ、つらい……つらいわぁ……。つら過ぎる……。これが、あの男とのセックスの代償なんて……」
  好奇の視線に満ちた男性執刀医と看護婦達の見守る中、おぞましい浣腸液で膨らんだ下腹部で、たっぷりと味わい抜く激しい苦悶と情けない羞恥。
  「くうぅ……苦しい……。おなかが……おなかが、もう裂けるぅぅぅ……」
  外山恒一とのおぞましいセックスの代償――大きく膨らんだ下腹部の奥深く、轟く下劣な糞尿の雷鳴。
  伸び切る両乳房。しこる桃色の乳首。
  嵌め込まれた肛門栓が限界まで露頭し、小尿口から陰裂、肛門まで「女としてのすべて」を男性執刀医と看護婦達の好奇に満ちた視線の前にすべてをさらけ出す……。

  下腹部でわめく苦痛に合わせて、臀部が、手術台の上で珍妙な踊りを踊り始める……。
  その果てに……恥も外聞もかなぐり捨て、差し出された便器に「女としてのすべて」をぶち撒ける明子さん。
  猛烈な糞臭暑苦しい湯気。
  うずたかく積もる流動的な排泄物の茶色い山。

6 三十分後。
  淫蕩な生汗をかいたまま、仰向けにさせられた全裸の日高明子さん。
  その隠しようがないほど開き切った大陰部。そこをびっしりと覆う逆三角形の茶色の繊毛。
  そこに剃毛用クリームを塗る看護婦。専用剃刀で、一本ずつ、丁寧に剃り上げてゆく。
  「産まれた時と同じ状態」に戻される大陰部。
  男性執刀医の非情のメスが、ふるわれる。

7 「いやあっ、いやあっ、こんな結末は、嫌ぁぁぁぁゃぁ――! こんな結末だけは、絶対、いややああぁぁっっ――!」
  日高明子さんは、泣き、叫びながら、悶え、わめき、叫び散らす。

8 やがて、手術台と手術室の床を真っ赤な血汚れた分泌液が、ねっとりと濡らす……。

9 一時間後。
  無人の手術室で素っ裸になって「下の裂け目」までさらけ出し、血まみれ、汗まみれ、糞尿まみれ
となって震え、怒りも憎しみも情けなさも悔し涙も唾液も「女としてのすべて」も投げ出し、眼球には汚泥のような底光りを発し、血まれた唇からは、冷酷な現実への陰鬱な怨み言と呪詛をつぶやき続ける日高明子さん……。

10 そして、これから、一生涯、おぞましく、醜悪なトラウマをその背中に背負い続ける日高明子さん……。

■ 以上のような背骨も凍る恐怖が、1999年の福岡県福岡市のある産婦人科の堕胎手術室に現実に展開したのです!! ■


想像して見てください!
もし、自分の母が、借金のために全裸にされ、妊娠してしまったら……。
もし、自分の姉が、娼婦になり、全裸にされ、手術台の上で中絶手術を受けたら……。
もし、自分の妹が殴られ、鼓膜が破裂して、一生、難聴になったら……。

その結果、自分の母や姉や妹が、廃人化したら……。
確実に頭がヘンになってしまうことでしょう……。

翌日から、病院の精神科に通院開始は、ほぼ確実です。
この現実は、ただ怒りと悲しい流血と悔し涙の叫びに満たされています……。

それゆえ、叫ばずにはいられません。
この悲しすぎる現実を自分の胸の中に閉じ込めておくことなどできません!

だから、叫ぶのです!

北海道から九州・沖縄まで、全国ネットで叫ぶのです。

叫ばなければ、気が狂ってしまうから……。
だれかが、この悲しすぎる現実を見詰めなければ、気が狂ってしまうから。

だから、祈ってください。
全裸で血まみれ・汗まみれの日高明子の子宮と大陰裂から、残忍な非情のメスで、無残にえぐりとられた無名の肉塊のために……。
祈ってください……。

しかし、なんと残酷な現実であることでしょう!
今夜、そう思うだけなら、この悲しい現実を支配する神も許してくださるでしょう……。

☆ 追 伸
そういえば、昔、「人命は、地球より重い」
そんなことを言った政治家がいましたね……。
確か自民党の首相だったでしょうか……。

http://urltea.com/2o2h

http://www.wikis.jp/warewaredan/

http://urltea.com/2o2e

http://urltea.com/2o2d

http://urltea.com/2o2c

http://urltea.com/2o2b

http://www.wikis.jp/warewaredan/

 
 
》記事一覧表示

新着順:2/79 《前のページ | 次のページ》
/79