teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


吉永小百合

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月21日(日)21時06分5秒
返信・引用
  吉永小百合72歳 タモリと同い年、終戦時に生まれる。
 週3回水泳して、毎日腹筋100回しているそうな。
1962年の「キューポラある街」が自分でもベストワンと思っている。それを超えようとづっと大人になってもやってきたそうです。吉永小百合17歳。
ういういしい若さでした。仕事で鉄鋼関係に出入りしてキューポラって炉の種類というのを知りました。
埼玉県川口市が舞台でキューポラ炉の中小企業が多い。脚本は浦山の師である今村昌平との共同執筆であり、
日活の助監督だった浦山の監督昇格デビュー作である。
在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業が描かれてました
 
 

見逃して欲しくない秀作だ。

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月19日(金)20時17分41秒
返信・引用
  (評・映画)「ミッドナイト・バス」 何層もの人間模様乗せて

朝日新聞映画評より (森直人・映画評論家)2時間37分と長尺

見逃して欲しくない秀作だ。大人のラブストーリー、と言うと扇情的な方向に走る映画も数多いが、
これは市井の人間模様が丁寧に描かれ、役者も描写も品良く清潔感がある。

 新潟と東京の往還。この長い距離を移動する深夜バスの運転手・利一(原田泰造)が
主人公だ。しかし劇中の移動手段はバスだけではない。歩いたり、車やフェリーに乗ったり、
彼の人生と同じく紆余(うよ)曲折がある。白鳥の飛来地をはじめ美しい雪景色のほか、
細やかに移り変わる風景の動き。やや寡黙で不器用な利一をめぐる、
優しさをこじらせた人間模様を、地理的な魅力と共に描き出す。極めて日本的なロードムービーの応用形と言える。

https://digital.asahi.com/articles/DA3S13321324.html?iref=comtop_list_cul_f01
 

夏木陽介さん死去 81歳

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月19日(金)18時13分26秒
返信・引用
  青春とはなんだ」など1960年代の青春学園ドラマの先駆け的作品に主演し
「Gメン’75」などダンディーな二枚目俳優としても活躍した夏木陽介(なつき・ようすけ、本名・阿久沢有=あくさわ・たもつ)さんが
14日に腎細胞がんのため都内の病院で死去した。19日未明、
夏木さんのブログで発表された。81歳。東京都八王子市出身。ラリードライバーとしても知られた。
 

Re: 第2回談話室シネサロン 告知

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月17日(水)22時27分26秒
返信・引用
  > No.2457[元記事へ]

道草さんへのお返事です。

> 第2回談話室シネサロン  開催告知
>
> サスペンス映画の今昔

サスペンスといえば
「激突」「ジョーズ」「ポセイドンアドベンチャー」「天国と地獄」等思い出します
 

福岡の蚊安映画情報

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月17日(水)19時54分21秒
返信・引用
  福岡映画サークル 例会載ってます
http://www.fukuoka-support.net/cinema-yasu.html
 

さんさんネット

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月17日(水)19時50分26秒
返信・引用
  朝日新聞のさんさんネットに載りました。
2018年1月16日夕刊
 

第2回談話室シネサロン 告知

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月17日(水)19時41分32秒
返信・引用 編集済
  第2回談話室シネサロン  開催告知

サスペンス映画の今昔
というタイトルで楽しみましょう。
宙吊りを語源とするサスペンス。ある状況に対して不安や
緊張、不安定な心理状態が続く様を描いた作品と定義される。
時代を越え、観る人を魅了する作品は? ミステリーあり
シリアス、ホラー、アクションの要素も内包するサスペンス映画の魅力とは。ときめきと興奮、効果を上げる音楽とは。
洋の東西や時代すら問わない貴方のお気に入りの作品は何ですか。スクリーンに酔いしれる作品をご紹介下さい。

  日時  平成30年2月17日 土曜日
      午後3時から5時まで(途中参加、退室も可)
  場所  福岡映画サークル事務所にて

参加連絡はfukueisa@excite.co.jpまでお願いします
 

「星めぐりの町」公開

 投稿者:くるめいわし  投稿日:2018年 1月17日(水)09時34分25秒
返信・引用
   熊本出身の黒土三男監督の最新作「星めぐりの町」が1月27日公開されます。黒土監督は、「蝉しぐれ」で有名ですが、映画大学の講師に来てもらっています。私の高校の先輩でもあります。                                           映画は、オリジナル脚本(黒土三男)で、小林稔侍さんが、俳優生活57年で初めて主演をつとめ、娘役に壇蜜、脇役にも豪華な俳優陣を揃えています。                   内容は、実直な豆腐店主(小林)が、東日本大震災で孤児となった少年を預かり、ゆっくりと心を通わせていくというもの。泣かせる作品のようです。                                                                福岡では、イオンシネマ福岡、同戸畑で公開。          

【衝撃】赤いきつねに砂糖を投入すると激ウマ化!

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月14日(日)21時33分35秒
返信・引用
  赤いきつねに入れるべき調味料とは、なんと砂糖。
「マジかよ。砂糖なんて入れてウマくなるわけないだろ!」「食べ物で遊ぶな!」
とお怒りの方もいるかもしれませんが、先入観だけで頭ごなしに怒ってはいけません。
なんせ、本当に美味しいのですから。

今度やってみよう
https://www.excite.co.jp/News/net_clm/20180114/TriviaNews_6998523.html
 

Re: 第2回例会 3/25日曜日

 投稿者:春声@  投稿日:2018年 1月13日(土)20時38分5秒
返信・引用 編集済
  > No.2453[元記事へ]

道草さんへのお返事です。

> ヒロシマモナムール/二十四時間の情事(1959年製作の映画)に決定
> ■91分 フランス/日本 ドラマ/ロマンス
> 監督: アラン・レネ
> 製作: サミー・アルフォン 永田雅一
> 原作: マルグリット・デュラス
> 脚本: マルグリット・デュラス
> 撮影: サッシャ・ヴィエルニ 高橋通夫
> 音楽: ジョヴァンニ・フスコ ジョルジュ・ドルリュー
> 出演
> エマニュエル・リヴァ
> 岡田英次
> ベルナール・フレッソン
> アナトール・ドーマン

> ネットの感想を拾い上げました。
> http://tetsu-eiga.at.webry.info/201408/article_23.html

今、Netのこの文章を読みました。あの映画の写真が自由に使える人なんですね。
鮮明な写真ばかりで懐かしかった。ただ文章はかなり皮肉っぽいトーンでしてーー
しかしながら、あれだけ書き込めれば立派ですね。春声@としてはあの” 女 ”の故郷の
風景が遠景ショットで映画の最後の方に映し出されますーその時の写真があるかな?
と期待したいんですがーー残念でしたーー無かったです。私のあの映画に関しての印象
は彼女の故郷のあの風景なのです。
別に”広島”の風景と比較して評価するなどーという力量は一切持ち合わせていません。

http://www.fukuoka-eiga-circle.com/

 

第2回例会 3/25日曜日

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月13日(土)19時09分15秒
返信・引用
  ヒロシマモナムール/二十四時間の情事(1959年製作の映画)に決定
■91分 フランス/日本 ドラマ/ロマンス
監督: アラン・レネ
製作: サミー・アルフォン 永田雅一
原作: マルグリット・デュラス
脚本: マルグリット・デュラス
撮影: サッシャ・ヴィエルニ 高橋通夫
音楽: ジョヴァンニ・フスコ ジョルジュ・ドルリュー
出演
エマニュエル・リヴァ
岡田英次
ベルナール・フレッソン
アナトール・ドーマン

ネットの感想を拾い上げました。
http://tetsu-eiga.at.webry.info/201408/article_23.html
 

Re: キネマ旬報2018年ベストテン

 投稿者:春声@  投稿日:2018年 1月13日(土)07時29分20秒
返信・引用
  > No.2451[元記事へ]

道草さんへのお返事です。

> http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/

題名に”2018年 ”となっていますが映画ベストテンは公開年度としては
前年の作品を選ぶ性質で、リストとして前年度、つまり発表される年度の
1年前の年度を付けるようになっています。
” 2017年ベストテン ” が正しいです。

http://www.fukuoka-eiga-circle.com/

 

キネマ旬報2017年ベストテン

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月12日(金)23時58分41秒
返信・引用 編集済
  http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/  

1月例会 載ってます

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月12日(金)23時56分22秒
返信・引用
  トピックス一覧に 例会「人生フルーツ」載ってます

http://sisyakai.tttr.net/
 

1/26発行 機関誌内容

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月12日(金)23時23分49秒
返信・引用 編集済
  1/126金曜日 機関誌発行です。事務所で行います。
18時半より。会員であればだれでも参加可能。

12ページで作成
1.二四時間の情事/ヒロシマ・モナムール 表紙作成
2.例会紹介
3.例会紹介
4.例会紹介
5.企画部報告
6.サークル広場+次回シネマサロン告示等
7.例会アンケート 徘徊ママリン87歳の夏
8.会員 T家のベストテン
9.のさんのページ
10.のさんのページ
11.事務局だより
12.編集後記 掲示板は映画上映案内

 ページ構成はあとで調整します
 

映画「否定と肯定」

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月12日(金)09時57分12秒
返信・引用
  ホロコースト(ユダヤ人虐殺)否定者のデイビッド・アービング氏と、
闘った歴史家デボラ・E・リップシュタット氏の裁判を題材とした映画「否定と肯定」が公開中だ。

 ホロコースト否定のように史実を意図的に矮小(わいしょう)化したり、
一側面を誇張したりする行為は歴史修正主義と呼ばれる。
特定の民族やマイノリティーへの憎悪をあおることが多く、ヘイトスピーチの一種とみなされている。
欧米ではこの裁判を機に害悪が広く認識され、特に2000年の判決後、社会が監視し、時に法規制で封じ込める体制が作られた。

朝日新聞より
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13307390.html

私見ました。こういう思想的学術的見解が裁判に向くのかなという疑問は湧きました。
しかも、判決が1人の裁判官の意見だけというのもうなずきかねる。
三審制だろうから、上告はなかったのだろうか。
欧米では法で規制しているというのは驚きでした。意見の自由も許さない。
 

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月11日(木)23時47分12秒
返信・引用
  最新作『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』正月に見たがおもろない映画だった。
特撮は見るべき物はありましたが。しかし、半分は日本人の世界だな--。
チャンバラごっこしているは、「気」の力の話やら、あぐらをかく西洋人やら、
鎧兜の兵士やら--何がおもしろいのだろう。

見た人いかがですか
 

「マザコン」夫と暮らして…橋田寿賀子さん語る家族の形

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月11日(木)23時27分29秒
返信・引用
  「もう私の時代は終わりました。私は人殺しと不倫は書かないと決めているの。
今は事件がないとだめよね。だんだん枠が制約されて、もう書くもんがなくなりました。
前は、うちにもあんな問題があるね、こういう風に解決するんだ、とドラマを見る人がいた。
今はそんな風じゃなくて、特殊なんですよね。
どこの家にもある問題じゃないものがドラマになってる」

朝日新聞より


https://digital.asahi.com/articles/ASL1B3VHHL1BUTFL006.html?iref=comtop_list_nat_n03
 

『人生フルーツ』キネ旬ベスト2017年度文化映画第1位に

 投稿者:春声@  投稿日:2018年 1月11日(木)21時08分34秒
返信・引用 編集済
  本日発表された毎年恒例のキネマ旬報映画ベストテン。
文化映画部門第1位に『人生フルーツ』が選出!!
キネマ旬報2017年ベストテン文化映画部門第1位です。
例会作品として決定となり現在取組中の作品です。
この事例は福岡映画サーク
ル協議会として過去にない初めて
の事柄ではないかと考えます。素晴らしいと思います。
                       春声@

http://www.fukuoka-eiga-circle.com/

 

SF漫画『銃夢』をジェームズ・キャメロン製作で映画化

 投稿者:道草  投稿日:2018年 1月11日(木)13時15分27秒
返信・引用
  木城ゆきとのSF漫画『銃夢』をもとにした同作。原作に惚れ込み、
15年以上にわたって映画化を構想していたというジェームズ・キャメロンが脚本と製作を手掛けている。

物語の主人公は、現代から数百年後のアイアン・シティにあるスクラップの山の中で、
意識不明の状態で発見されたサイボーグの少女アリタ。サイバー・ドクターのイドに
助けられて目を覚ますも記憶を失くしたアリタが、
自身の並外れた戦闘能力に気づき、自らの出生の秘密を探ろうと決意するというあらすじだ。

https://www.cinra.net/news/20180109-alita
 

レンタル掲示板
/122