teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


『夏打、海打、太鼓打、タップ打!2010』

 投稿者:Ushiho  投稿日:2010年 7月13日(火)09時15分1秒
  あの2000年6月養源寺コンサート「元気いただき太鼓」からもう10年経ちました。
早いものですね。。

富田和明さんが大田区文化の森ホールで太鼓のコンサートをします。

『夏打、海打、太鼓打、タップ打!2010』

場所:文化の森
日時:7月24日(土)17時開演
チケット:3500円(前売り)

詳細は下記HPでご覧下さい。
http://www.tomida-net.com/natuda2010.html

チケットは直接でもいいし、私にメールを下されば
まとめて申し込んでおきます。

一緒に太鼓を楽しみましょう!!
 
 

チェチェン問題公開ディベート

 投稿者:Ushiho  投稿日:2010年 6月11日(金)08時57分36秒
  ■チェチェン問題公開ディベート 岡田一男vs.菊池由希子

 「テロと暗殺のはざまで 世代の壁は超えられるのか?
  コーカサスに平和を実現するために」

 日時:2010年6月12日(土曜日)18:30-21:00
 場所:文京シビックセンター5F会議室C(席数72/予約不要)
     (地下鉄後楽園・春日駅の真上)
 参加費:1000円
 共催:チェチェンの子どもたち日本委員会/
    日本国際フォーラム・チェチェン問題研究会(代表伊藤憲一)
 後援:チェチェン連絡会議

 菊池由希子(国際関係スペシャリスト)
 岡田一男(チェチェンの子どもたち日本委員会)
 

李政美コンサートin大田

 投稿者:Ushiho  投稿日:2009年 6月28日(日)09時10分11秒
  池上養源寺コンサートからはや2年!
またヂョンミさんを大田区にお呼びしてコンサートすることになりました。
心に染み入る李政美の歌を是非聴きに来てください。

李政美コンサートin大田
Vol.2 ~ありのままの私~
佐久間 順平(ギター・ヴァイオリン) 芹澤 薫樹(ベース)

日時: 2009年10月2日(金) 開演 19:00  開場 18:30
場所: 大田区民プラザ 小ホール(地下一階 定員170名)
     東急多摩川線 下丸子駅下車 徒歩一分
     大田区下丸子3-1-3  Tel:03-3750-1611
     (駐車場スペースはありません)

チケット: 一般 3000円  学生(高校生以下)2500円
      (当日 一般3500円 学生3000円)
チケットの予約・問い合わせ先
Tel:03-3752-6233(10時 ~16時)
Fax:03-5736-0755
E-mal: space-sora@tbt.t-com.ne.jp

予定曲目: ありがとういのち (作詞/作曲:ヴィオレータ・バラ)
        ありのままの私 (作詞/作曲:李政美)
        湖上 (作詞:中原中也/作曲:李政美)
        そのままで大丈夫 (作詞:土井美加/作詞:李政美)
        翼 (作詞/作曲:武満徹)
        What a Wonderful World
                他
主催:李政美コンサートの会   後援:スペース宙
 

ビデオ上映会

 投稿者:ushihoメール  投稿日:2008年 2月 3日(日)21時18分43秒
  友人が購入したチェルノブイリ原発事故の貴重なビデオを上映します。
一人で観るのはもったいないということでこの企画をしました。

私はチェルノブイリ事故の時、モスクワに住んでいました。
それもあってあの衝撃的な事故は今も忘れることが出来ません。
原発がたくさんある日本で事故が起こったらと考えると決して他人事ではありません。

上映作品「ドキュメント チェルノブイリ」「小さき人々の記録」「ザ・サクリファイス」他3本
日時:2008年2月22日(金)18:30~21:00 (18:00開場)
場所:大田区生活センター2階第5集会室 (JR蒲田駅徒歩5分)
参加費:無料
主催:チェルノブイリ・ビデオを上映する会
問合せ先: TEL/FAX 03-3739-1368
*****************************************
チェルノブイリ原発事故から今年4月で22年になりますが、この史上最大の
原発事故は人類に対する警告となり、世界は大勢として脱原発に向かっています。
日本でも、昨年7月16日の地震で世界最大の東京電力柏崎刈羽原発が
大きな被害を受け、運転再開の目途がたっていません。
中部電力浜岡原発は東海地震の震源域の真上にあります。
また、大量の放射性物質を放出する六ヶ所再処理工場の本格稼動が迫っています。
いまこそ原発の危険性について考える時ではないでしょうか。
 

映画会の詳細

 投稿者:ushihoメール  投稿日:2007年 7月15日(日)22時18分22秒
  チェチェンの子供たちが出演する「踊れ、グローズヌイ!」の上映会を企画しました。
チェチェン問題に詳しい大富亮さんに映画の解説をしていただきます。

日時: 8月11日(土) 午後2時~4時30分
場所: 大田区生活センター  JR蒲田駅 東口下車 大田区役所の先
http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/seikatsu_center/index.html
入場代:一般900円、高校生500円、中学生以下無料
主催: 「踊れ、グローズヌイ!」を上映する会・大田2007
問い合わせ先:090-3590-3334(藤田)

あらすじ:ロシア・チェチェン民族の伝統文化を継承する舞踏団「ダイモーク」。
紛争のさなか、子どもたちは夏休みを利用して西ヨーロッパ各国へツアー公演に出かける。
廃墟となったグローズヌイでの緊張した暮らしと、公演旅行中の華やかな舞台シーンを交錯させながら、いかなる逆境が訪れようとも、絶望することなく、生き続けようとする「屈せざる民族」の気概を、伝統的な民族舞踊に託して描き上げたドキュメンタリー。


前売りチケットは作っていませんので当日、直接会場に来て下さい。お待ちしています。

ロシアによって独立を阻まれたチェチェン共和国では、12年以上におよぶ紛争の中で20万人以上が命を失い、30万人が難民となっています。しかし、ロシア政府に反対する「テロリスト」としてのレッテルを貼られたチェチェン人の悲劇は、日本にいる私たちにはなかなか伝わってきません。
より多くの日本の方々にチェチェン紛争の実態を知ってもらうために、海外の映画祭で数々の賞を受賞したドキュメンタリー作品の『踊れ、グローズヌイ!』を企画しました。

チェチェン共和国は、ロシア連邦南部のカフカス地方に位置し、約100万人の人口の多くがイスラム教徒です。ソ連崩壊直前の1991年11月に独立宣言をしましたが、チェチェンはロシアにとって石油パイプラインが通る重要な戦略拠点であるため、独立は実現しませんでした。1994年12月、独立阻止のためのロシア軍の侵攻をきっかけにチェチェン紛争が始まり、以来深刻な人権侵害が続いています。
ロシア軍による市民の「強制失踪」、拷問、超法規的処刑は日常茶飯事であり、さらに女性は、強かんなど性的暴力の危険にさらされています。しかし責任者が処罰されることはほとんどありません。一方で、チェチェン武装勢力による同様の人権侵害も報告されています。
作品の中で映し出される武力紛争下の人びとの生活。銃撃戦や爆撃と隣り合わせの日々。廃墟となった故郷の町並み。親を失った子どもたちの悲しみ・・・。「テロとの戦い」の名のもとに正当化されている戦争の、これが現実です。
 

「踊れ、グローズヌイ!」上映会

 投稿者:ushihoメール  投稿日:2007年 7月 6日(金)00時25分57秒
  映画会のお知らせです。是非観に来て下さい。

■東京・大田区 「踊れ、グローズヌイ!」上映会
日時: 8月11日(土) 午後2時~4時30分
場所: 大田区生活センター
http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/seikatsu_center/index.html
入場代:一般900円、高校生500円、中学生以下無料
主催: 「踊れ、グローズヌイ!」を上映する会・大田2007
問い合わせ先:090-3590-3334(藤田)
 

中村彝アトリエ保存会

 投稿者:ushihoメール  投稿日:2007年 4月18日(水)10時54分37秒
  新宿区下落合に現存する、1916年(大正5)に建設された中村彝のアトリエを保存するために「中村彝アトリエ保存会」が設立されました。

http://blog.so-net.ne.jp/tsune-atelier/
 

ネパール人、タパさんが

 投稿者:ushihoメール  投稿日:2007年 3月30日(金)21時43分49秒
  4月からニュース番組『モーニングサプリ』のコメンテーターに!


東京 MXテレビのニュース番組『モーニングサプリ』(月~金:午前7:00~ 8:30放送中)に、2007 年4月 2日からコメンテーターとして週1回、レギュラー出演することが決まりました。

タパさんが出演するのは毎週月曜日です。日本の社会や国際問題について、コメントします。日本が本当の意味で国際化をするにはどうすれば良いか、ネパールや他の国と比較しながら一緒に考えていきます。 関東圏の皆様は是非ご覧ください。

東京MXテレビ「モーニングサプリ」放送

2007 年 4月2日(月)朝 7:00~8:30。毎週月曜日にレギュラー出演。

東京MXテレビのウェブサイトより http://www.mxtv.co.jp

TOKYOモーニングサプリ 07:00~ 08:30

【司会】ほっしゃん。

【アシスタント】小泉恵未 【解説】龍野健一

【コメンテーター】タパ(ネパール)、ポップ(ガーナ)、マックス(アメリカ)

世界のあらゆる文化が集まり混沌とする国際都市・東京。「日本」固有の考え方だけではやっていけない今の時代――。この番組では、東京に住む外国人パネラーたちが、日々のニュースや街ネタ、時事問題を題材にトークバトルを展開! それぞれの国の視点から、日本人・東京人に喝! 通り一遍のワイドショーとは一線を画する、朝からテンション高めなニュース番組です。

受信方法について:http://www.mxtv.co.jp/jyushin/antenna.html

ジギャン タパ(Jigyan Kumar Thapa)さんのホームページは
http://www.jigyan.info です。どうぞご覧下さい。
 

FAV連連影展

 投稿者:ushihoメール  投稿日:2007年 3月 2日(金)10時37分17秒
  掲示板への書き込みを復活します。最近MIXIに登録してはまっています。

■第4回FAV連連影展

 3月3日(土)、横浜・関内で第4回FAV連連影展が開催されます。FAVは、
フェミニスト・アクティブドキュメンタリー・ビデオフェスタの略。ちょっと硬派
な感じがしますが、「作り手や観客、あるいはその両方が、お勉強でもなく、
(悲劇を)目撃するのでもなく、受け身で座るでもなく、一言いわずにはおられ
ない、おもわず腰を上げたくなる、関わってしまう」、そんな作品を上映する映画
祭です。普段なかなか見ることのできないドキュメンタリーを集めたFAV連連影
展は、マッチョな映画を見飽きた人にもお勧めです。

 18:30からは、第二次チェチェン戦争を目撃した子どもたちが描き残した膨大な絵
をもとにアニメ化された作品、『春になったら』も上映されます。また会場ではプ
チ・チェチェンブースを設けて、チェチェン書籍の販売も行います。どうぞお気軽
にご参加ください。

 『春になったら』
 ティムール・オズダミール/東京シネマ新社
 http://chechennews.org/books/index.htm#notchildlen


 ●日時:2007年3月3日(土)14:00-20:00
 ●場所:横浜YWCA
 ●住所:〒231-0023  横浜市中区山下町225
 ●電話:045-681-2903
 ●交通:JR根岸線「関内駅」南口より徒歩6分/JR根岸線「石川町駅」北口よ
 り徒歩6分/横浜市営地下鉄「関内駅」1番出入口より徒歩8分/みなとみらい線
 「日本大通り駅」より徒歩10分
 ●地図:http://www16.ocn.ne.jp/~ywca/access.html
 ●チケット:1プログラム1000円/3プログラム通し券2500円
 ●主催:FAV
 ●お申し込み:事前のお申込みはご不要です
 ●お問い合わせ:連連影展FAV
  メール:fav@renren-fav.org
  URL:http://www.renren-fav.org/
 

OCNet多言語相談会

 投稿者:ushihoメール  投稿日:2006年 9月28日(木)20時42分57秒
  OCNet多言語相談会2006のお知らせです。私はロシア語通訳として会場にいますので相談したい方、相談会に興味のある方は是非お越し下さい。

OCNet多言語相談会(たげんごそうだんかい)2006のご案内(あんない)
主催(しゅさい) OCNet   協力(きょうりょく) 東京都国際交流委員会(とうきょうとこくさいこうりゅういいんかい)  東京(とうきょう)外国人(がいこくじん)支援(しえん)ネットワーク
後援(こうえん) NPO男女(だんじょ)共同(きょうどう)参画(さんかく)おおた

OCNetでは外国籍(がいこくせき)住民(じゅうみん)・移住者(いじゅうしゃ)を対象(たいしょう)に専門(せんもん)相談員(そうだんいん)による多言語(たげんご)相談会(そうだんかい)を開催(かいさい)します。相談は無料(むりょう)です。また予約(よやく)も不要(ふよう)です。あなたの友人(ゆうじん)、知(し)り合(あ)いで困(こま)っている人(ひと)にも、ぜひこの相談会をご案内ください。
                         記(き)
        相談日時(にちじ)  2006年(ねん)10月(がつ)21日(にち)(土曜日(どようび))13:00~16:00(受付(うけつけ)12:30~15:30)
相談会場(かいじょう)  エセナおおた 多目的室(たもくてきしつ)(JR大森駅(おおもりえき)下車(げしゃ)徒歩(とほ)8分(ぷん))
相談分野(ぶんや)  労働(ろうどう)   在留(ざいりゅう)資格(しかく)   結婚(けっこん)・離婚(りこん)   子(こ)ども(子(こ)育て(そだて)支(し)援(えん) 日本語(にほんご)支援(しえん)・進学(しんがく) 認知(にんち)・養子(ようし)縁(えん)組(ぐみ)・親権(しんけん)・国籍(こくせき))  DV(ドメスティックバイオレンス)
使用(しよう)言語(げんご)  日本語(にほんご) 英語(えいご) 中国語(ちゅうごくご) タガログ語 タイ語 スペイン語 ロシア語 ベンガル語
ウルドゥー語  ミャンマー語
 連絡先(れんらくさき)   OCNet相談担当(たんとう) 電話(でんわ)03-3730-0556 Email:jimukyoku@ocnet.jp

92年10月の創設(そうせつ)以来(いらい)、OCNetはボランティア団体(だんたい)として、外国籍住民のための多言語相談、日本語(にほんご)教室(きょうしつ)開(かい)講(こう)、さまざまな交流(こうりゅう)事業(じぎょう)や学習会(がくしゅうかい)などを行(おこな)ってきています。事務所(じむじょ)は大田区(おおたく)東(ひがし)矢口(やぐち)3-3-15 2Fです。


OCNet’s free, multi-lingual consultation services for foreign residents/migrants
Sponsored by: OCNet (Ohta Citizens’ Network for Peoples’ Togetherness)
Cooperated by: International Exchange Committee, Tokyo Metropolitan Government
               Tokyo support Network for Foreign Residents
Supported by: Nonprofit Man-Woman Collaborative Planning Organization Ohta
Professional consultants listen to and give you advice free of charge, and interpretation in English, Chinese, Tagalog, Thai, Spanish, Russian and Bengali, Urdu and Burmese is available. No reservation is required.

Date : Saturday, October 21, 2006 (13:00 to 16:00)  Reception starts at 12:30.
Place: Escena Ota (8-min. walk from East Exit, Omori Station JR)
Fields: Labor, status of residence, marriage/divorce, child (upbringing, assistance in learning Japanese, going-up to high school, recognition, adoption, guardianship and nationality) and domestic violence.

For detail, call or fax OCNet at 03-3730-0556 or email us at jimukyoku@ocnet.jp.
OCNet has been offering consultation services and Japanese classes for foreign residents and migrants living in and around Ohta City on a voluntary basis while holding a lot of events and seminars since it was established in October 1992. The office is located at Ohta-ku Higashi -yaguchi 3-3-15  2F.
 

レンタル掲示板
/10